「ピアノレッスン指導案作成サポートセミナー」に参加してきました

今日は、以前に経営塾でご一緒だった畠山くみこ先生が、
ピアノレッスン指導案に関するセミナーをされるので、行ってきました。

畠山先生は、「ペースメソード一筋40年」というペースメソードの
オーソリティでいらっしゃいます。

私はペースメソードとは、かれこれ20年近く前に出会い、それまで生徒一人一人のノートに手書きしていたことが、テキストになっている!!と、
驚きとともに感動しました。
以来、私もペースメソードも取り入れているので、畠山先生に出会えたことも嬉しくて感動でした。

 
  先生の指導案は、実に綿密にできていて、45分のレッスンの中を分刻みで計画を立て、必ず全ての項目を漏らさず行うというもの。

分析・初見奏、移調・変奏、Q&A、聴音・ジムナスティック、
ソロ・デュエット、テクニック。

これだけのことを45分で行うのです。

少しずつでも毎回積み重ねてゆくことが大切。

そして、同じことを何度も繰り返しながらすすんでゆく
「スパイラル・ラーニング」が素晴らしく構築されています。

バスティンやミュージックアドベンチャーなど、アメリカの教本は全てこのペースメソードが基になっています。 やっぱりペースメソードには、
「元祖」の素晴らしさがあります。

そして、それを熟知していらっしゃる畠山先生、素晴らしいです!!

私も初心に立ち返って、もっともっとペースメソードを勉強しよう!!
そう思いました。 畠山先生、ありがとうございました。

只今、生徒募集しております。
お気軽にお問い合わせください。