『DO YOU KNOW ? ピア脳』行ってきました。

「習い事はピアノだけで良い」と提唱している澤口俊之先生のレクチャー+西村由紀江さんの演奏、鈴木達也氏(スタインウェイ会最高顧問)のナビゲーターという公演を聴きました。

  

澤口先生のお話をまとめると、
前頭前野は脳の総合センター、いわばサッカーの監督的役割。人生に深く関係する。

HQ(人間性知能)が高いほど
・夢を叶える力が大きい。
・高度な仕事に就き、年収も高い。
・良好な恋愛と結婚をする。 ・人生に成功する。
・子どもでは、学力、意欲が向上する。

HQが高いほどIQ (=gF/一般知能)も向上する。

ピアノを習っている子どものHQが、他の習い事と比べ最も高い。
HQの向上はピアノだけで充分。

ピアノ稽古は、
・「夢への努力」「問題解決能力」を向上させる。
・高度な言語機能も向上する。
・前頭前野のHQを発達させ、神経伝達回路が太くなる。
・脳梁を太くする。 ・小脳を大きくする。
・海馬の活動を高め、構造を大きくする。(良い方向に発達する。)

東大生の53%は幼少期にピアノを習っていた。(一般的に小学生11%、中学生5.6%)

開成中高校では、ピアノ稽古を必修→東大合格率アップ。

米国での結論と提言
・スポーツ、劇、ダンス以上に学力を高める。
・貧困地区と富裕地区の学力差を少なくする。
・発達障害を予防、改善できる。
・大学受験のためにピアノを!

これらの検証結果から 『習い事はピアノだけで良い』という結論である。

以上のことはすでに聞き覚えのあることで、もう少し具体的に、
『ではHQを向上させるのにどんなレッスンが効果的か』というようなお話が聞きたかったな・・・

ピアノ以外の楽器でも同じ効果が得られるかどうかは、検証結果がないのでわからないのだそう。

ピアノが脳の活性化に良いということは、誰が考えても分かることだと思いますが。

楽譜の情報を脳が処理して指先に伝え、その情報が耳から脳へ。瞬時にそれを繰り返しているのだから、視覚、触覚、聴覚フル回転しているわけだから、脳が活性化するのは当然でしょう。

それが様々な分野で科学的に検証され、定説となったというのが素晴らしいところだと感じました。

そして、西村由紀江さんの演奏は、やはり彼女のオリジナルが真骨頂だと感じました。
生音でなく、PAしていたのが残念でした。
どうして反響板を出さなかったのでしょう・・・

ピアノの先生たちと一緒で、また新しいお友達も増えて楽しいひと時でした。

ただいま生徒募集しております。
お気軽にお問い合わせください。