どういう人達なんでしょう!(怒)

今日は、日芸放送学科の授業のお手伝いで、所沢校舎へ行ったのですが、
スクールバスでの出来事。

 

まあ、聞いてくださいな!

もう、怒りを通り越してがっかりな気分でした。

 

バス停には長い列ができていました。
私が乗る時すでにかなり混んではいたのですが、まだ詰めれば4人や5人充分乗れる状態でした。

まだ乗れない学生が3〜4人いたので、私は奥へ詰めようとしたのですが、
立っている学生たちは詰めようとしません。

「ねえ、詰めてあげたら?」といっても無反応。動こうとしません。
もう一度、かなりきつく「乗れない人がいるんだから、どんどん詰めなさいよ!!」と私。

 

すると、ええ〜〜という顔して、「無理ですね。つかまるところがないし。」ときましたよ!

「つかまるところ、ここにあるでしょっ!!」
(バスの天井には、前から後ろまでポールが下がっている)

またもや無反応。

 

そして、乗れない3〜4人を残して、バスは発車。

 

もう本当に
腹立たしい!不愉快!!

 

どういう心してるんだ?

 

自分が乗れない立場だったら、どうよ?!

 

若者がみんなそうではないですけどね。

o0480036013707133026こんな気分でございます!

相手の立場になって思いやるという心が欠落しているんですね。
本来、国とか歳とか関係なく、誰でも持ち合わせているものだと思うのですがね。

 

『心の教育』ほんとうに急がなければいけませんね。

『大漁』『すずめの母さん』『犬』『達磨おくり』

といった、みすゞさんの詩を読ませてあげたいですわ。

 

レッスンでも、ただピアノが弾けるだけでなく、心も育てる事が大事だと思っている私には、ほんとうに嘆かわしい事でした。

 

 

8月27日(土)
『エレクトーンとピアノでコンチェルト演奏会』
大人も子どもも出演できます!!

締め切りは、7月27日
お申し込みはこちら
詳しくはこちらをご覧下さい

 

image

 

 

 

ただいま生徒募集しております。
小さい時からアンサンブルを!!
あなたもコンチェルト体験してみませんか?

お問い合わせ・体験レッスンはこちらへ