カデンツがわかるといいこといっぱい!③

そもそもカデンツって何?と聞かれたら、どんな風に説明しますか? 私はいつもこんな風に説明します。

メロディーの後ろで鳴っている和音(響き)には、3種類の役割があって、 どんな和音もこの3種類のどれかに当てはまります。

その3つ

Tonic  静止している。おうちにいる時のように落ち着いている。 Dominant おうち(Tonic)に帰りたい〜〜! Subdominant 変化や感動をもたらす。 どんな大曲でも小さな曲でもこの3つの響きのつながりでできています。

その代表が Ⅰ(Tonic) Ⅴ, Ⅴ7(Dominant, Dominant7th) Ⅳ(Subdominant)(Ⅱ, Ⅲ, Ⅵ, Ⅶ は、3つのうちのどれかになります。)

その働きをコンパクトに連ねたのが、カデンツです。

いろいろなことに例えたりしながらお話しします。

よくやるのがこれ⇩

Ⅰ  と  Ⅴ7  だけで結構長い時間、テキトーに弾いてみます。 お出かけ( Ⅴ7 Dominant7th)してお家に帰ってきて(Ⅰ   tonic)、またお出かけして帰ってきて・・・・

みんな、「おもしろくない」「飽きる」と言います。

そこで

Ⅳを入れてみると、「おおぉ〜〜!」という驚き、感動といったものを感じてくれます。

ご飯と味噌汁、ご飯と味噌汁・・・・・ばっかりのところに とんかつ!(なんでもいいのですが)って出てきたら、 「おおぉ〜〜!」って感動するでしょ?

それがⅣ(Subdominant)の役割。

こんな感じです。

只今、生徒募集しております。 ピアノやエレクトーンで音楽を楽しみませんか? お気軽にお問い合わせください。