カデンツがわかるといいこといっぱい!⑤

カデンツがすんなりとパラパラと弾けるということは、
和声感も身につくということ。

 

音楽を聴いた時に、「あっ、Ⅴ7から Ⅰ に解決した!」とか
「今、Subdominantだ!」とか「転調したー!」 なんてわかったら
楽しいですよね。

  

メロディーだけを聴くのではない耳が育ちます。

 

そして、もう一ついいことは、分析力が身につくということ。

曲を弾く時に、ただ闇雲に音符を弾いて行くのではなく、 ちゃんと“成り行き”がわかっていた方が計画的な演奏ができますよね。
練習する前に“楽譜を読む”という作業(?)がとても大切です。

なぜ、フォルテなのかピアノなのかとか、ここで一段落 というようなことがきちんとわかっていれば演奏し易く、
しかも表現力が増して説得力のある感動的な演奏に繋がります。

 

曲のことを何も知らないまま(調べないまま)演奏するというのは、

例えば、

外国語の文章を(読み方はわかるから)読めました。 でも意味はわかりませ〜〜ん! みたいな感でしょうか。 意味がわからなければ読む意味ないですよね!

 

カデンツ

響き(和声感)を聴く耳が育つ

分析力がつく

説得力のある演奏(感動!)

暗譜もらくらく

1ランク上の音楽の楽しみを味わえます。

 

 

只今、生徒募集しております。
ピアノやエレクトーンで音楽を楽しみませんか?
お気軽にお問い合わせください。