カデンツを3つのポジションで

いつも、カデンツ、カデンツと言っている私ですが、
本当にカデンツだけ(だけではないですけど!笑)はマスターさせてあげたい!!と思います。

最初は、一番わかりやすい、ドミソから始まるポジションですが、
和音は、いつもドミソとは限りません。

ミソドになったり、ソドミになったりします。
これは『転回型』と言います。

ドミソ スタートがマスターできたら、
次は、ミソド スタート
その次は、ソドミ スタート

と、進めて行きます。

 

 

実際に伴奏を付ける時には、いろんなポジションでやらないとおかしなことになりますから。
まずは、カデンツでしっかり慣れます。

 

やっぱり、カデンツ

なにはともあれ、カデンツ

ですね!!!

 

カデンツに関する記事

*カデンツがわかるといいこといっぱい⑥
カデンツがわかるといいこといっぱい⑤

*カデンツがわかるといいこといっぱい④
*カデンツがわかるといいこといっぱい③

*カデンツがわかるといいこといっぱい②
*カデンツがわかるといいこといっぱい①

 

ただいま未就学児から小学生を募集しております。
当教室では、日頃のレッスンでコンチェルトを体験できます。

ご一緒にコンチェルト体験してみませんか?
お問い合わせ・体験レッスンはこちらから

 

 

???明日です!!???

『西山淑子と伊東剛〜「金子みすゞ」の詩と、歌曲への誘い〜』
2016年10月9日(日)16:00開演
ロートルメゾン[西の洞](群馬県館林市)にて
詳しくはこちらへ
スクリーンショット 2016-08-25 14.28.47