ピアノの先生の和声のレッスン

今日は、ピアノの先生が和声のレッスンにいらっしゃいました。

音大時代に授業でやってはいたけれど、何だかよく解らないままになっていたそうで、もう一度初めからやり直そうと思われたんですね。
その意気込みに拍手です???

 

和声は『技法』ですし、答えは一つではないので、授業(集団)で学んでも身に付かないのです。

 

逆に言えば、マンツーマンで学べば、必ず身に付くのです。

 

和声に強くなると、
   ⇩
「音楽の仕掛け」が見えてくる。
   ⇩
分析が得意になる。
   ⇩
子どもたちへの指導にも、もっと自信が持てる。

 

プラスの連鎖が生まれます。

 

 

そして、せっかくなので『よしこ流カデンツ習得方』も紹介しました。

 

これで、毎日のレッスンに光が差してきた!と、とても喜んでくださいました。

 

短調の音階が3種類あるわけを説明したところ、その理由は考えたことがなく、
ただ3種類あるというだけだったそうです。

 

何でもそうですが、『なぜそうなったのか』という原因・理由をしっかり覚えておけば、納得できて忘れないんですよね。

 

授業ではどうもそこのところの説明が欠けているんですね。
しかも難しい言葉で言われ、丸暗記だったりするから、解らなくなってしまうんです。もっとわかりやすい言葉で教えてくれればいいのにね。
(ちなみに、私は大学では、『電子オルガン』に所属のため、和声の授業は持っておりません。)

 

そうそう、コードネームも同時に解るようになりますよ!!

 

和声苦手〜〜な先生、
もう一度やってみませんか?

 

きっと好きになりますよ〜〜!!

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

=====================================

 

?エレクトーン伴奏でピアノ初心者がコンチェルトを手軽に体験できるコンサート

?エレピアコンチェルト?
子どもも大人も初心者集まれ!!
2017年7月23日(日)
柏屋楽器フォーラムミュージックセンター(埼玉県浦和)
にて
参加者募集は、締め切りました。
当日のご来聴お待ちしております(入場無料です)
詳細・お申し込みは、こちらへどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************
教室の生徒も募集しております。

お問い合わせ・体験レッスンはこちらから
*
******************************************