初演する作品を作曲家に聞いて頂きました。

今日は、冷たい雨の降る寒い日でした。
12月の気温だったようです。

 

11月14日のコンサートで初演する作品の音作り、仕込みも一応出来上がり、
今日は、作曲家に聞いて頂きました。

楽譜はオーケストラのスコアで渡されていまして、一人で弾くためには、予め録音して、それに合わせて他のパートを生弾きしなくてはいけません。
そのため仕込みがかなり複雑(面倒とも言います。笑)

まずスコアを入念に読み、録音するパートと生弾きするパートを決め、どのパートが右手か左手かペダルで弾くか、決めてゆきます。

 

とても複雑でスコアのままでは演奏しにくいため、エレクトーン用に譜面書き換えです。

 

そして、リズムパートの打ち込み。
これで漸く音作り開始。
音ができてやっと練習が始められます。

 

一応、スコア通りの楽器の音で作りましたが、せっかくなのでエレクトーンならではの音にしてゆきたいのですが、あまりにもたくさんの音色があるので、作曲者のイメージや希望を聞きながら音選びするのが良いのです。

 

ということで、今日は作曲者の高橋通さんに来て頂きました。

 

高橋さん、「面白い!!」と、とっても喜んでくださって、一緒に色々音を聞いて頂いて、
あ〜でもない、こうでもないと検討して、音色も今の時点で決定しました。
私も面白くなってきました!!

でもまた弾いているうちに変えたくなるかも知れません。
『これでいい!』というのは、永遠にないような・・・
弾くたびに、もっと相応しい音は???と、キリがない世界です。

 

本番は、11月14日(火)18:30開演
【エレクトーンの可能性を求めて〜ピアノコンチェルト×COMPOSITIONS2017】
ヤマハエレクトーンシティ渋谷にて

 

 

 

 

 

 

 

皆さまのお越しをお待ちしております。
詳しくは、こちらをご覧ください!!
エレクトーンの可能性を求めて〜ピアノコンチェルト×COMPOSITIONS〜

 

 

**************************************
教室の生徒募集しております。
お問い合わせ・体験レッスンはこちらから
***************************************