夏休み明けは、ピアノの先生の和声のレッスンでスタート

昨日寒くなった〜と思ったのですが、今日はさらに気温が下がり、本当に寒かったですね。

今日から9月。夏休みもおしまいですね。
9月1日は、防災の日。
娘が小学校の時は、毎年「引き取り訓練」があり、学校へ迎えに行ったものでした。
今でもやっているのでしょうか。

 

先週土曜日に中国から帰ってからは、明後日(9/3日曜日)の『日本電子キーボード音楽学会』での発表の準備と、片付け、秋のコンサートのプロデュース業務で時間がどんどん過ぎて行ってますが、

今日は、久しぶりにレッスンでした。
2週間レッスンがないと『久しぶり』に感じるって、やっぱりレッスンすることが好きなんだなと、今更ながら思います。
レッスンは中国でもやっていたんですが。笑

 

ピアノの先生が和声を勉強にいらっしゃいました。
もう一度きちんと学びたいと、月1回いらっしゃいます。

やってきた課題を弾いて、違っているところを指摘し、直してゆくのですが、1ヶ所直すと次も次も変えなければいけなくなります。
頭からだけではなく、終わりから逆算することも必要です。
まるでパズルのようです。
そして、禁則がなければ良いのではなくて、出来上がったものができるだけ美しい響きになるようにしたいですよね。
「う〜ん、難しいなぁ〜〜。」と言いながらも、「おもしろい!!」とハマってしまっているようですよ。

本当に和声は、おもしろい!!

 

レッスン後は、この先生が使っていらっしゃるボディパーカッションの楽譜を見せて頂いたり、私が持っているボディパーカッションの本やオルフメソッドの本をお見せしたり、実際に一緒にやってみたり、情報交換も楽しいひと時でした。

 

あっ、写真撮り忘れ。

 

 

 

********************************************
教室の生徒募集しております。

お問い合わせ・体験レッスンはこちらから
********************************************