慣れればかんたん!8分音符2つと3連譜

8分音符2つと3連譜が一緒になった曲。
たとえば、ショパンの幻想即興曲とか、シューベルトの即興曲とか・・・

こういうのは、慣れてしまえば何てことないのですけど、急にすぐに出来るってものでもないので、遊び感覚で取り入れてます。

 

いつか、そういう曲を弾く時のために。

 

 

最初は、私と一緒に、
生徒が2つ、私が3つ。その逆とか。

 

image

 

image

 

手を叩くのでもよいのですが、カスタネットとかウッドブロックなんかでやってみると
音色が違うので、その噛み合わせもはっきりして楽しいです。

慣れてきたら、一人で両手でピアノの蓋や太ももの辺りを叩いてみます。
足踏みもしながらね!

2と3の最小公倍数の6を「1、2、3、4、5、6、」と数えながら、
右手(3連譜)は1と3と5で打ち、左手(8分音符)は1と4で打つ。
という風にするとわかりやすですね。

 

始めると出来るまで、結構燃えてしまいます。
楽しいですよぉーー!!

 

 

8月27日(土)
『エレクトーンとピアノでコンチェルト演奏会』
大人も子どもも出演できます!!

締め切りは、7月27日
お申し込みはこちら
詳しくはこちらをご覧下さい

 

image

 

 

 

 

 

 

ただいま生徒募集しております。
小さい時からアンサンブルを!!
あなたもコンチェルト体験してみませんか?

お問い合わせ・体験レッスンはこちらへ