日本人はハーモニーを聴かない⁈

『日本人はハーモニーを聴かない』って、よく言われることです。 先日もフルート奏者の方とお話ししていてこの話題になりました。 外国のコンクールの審査員が言っていたそうです。

まあ、日本の音楽には西洋音楽のようなハーモニーはありませんからね。 私たちはそのようなDNAは持っていないのかもしれません!

 

でも 西洋の音楽にはハーモニーは不可欠です。

演奏するにしろ、聴くにしろ、 ハーモニーが聴けるというのはとても大切なことだと思います。 その曲の曲想は、 殆ど響きの連なりで決まってしまうと言っても良いとものです。

響きを聴く

一朝一夕には身に付くものではありませんから、 やはり小さい時から響きを聴く習慣を身につけてあげなければいけません。

そのためには、アンサンブルをするのが良いのです。

 

そこで私は普段のレッスンで、
エレクトーンでオーケストラ伴奏を付けてコンチェルト仕立てにして、
アンサンブルしています。

アンサンブルはピアノ連弾でもできますが、
音色の多彩さという点でエレクトーン(電子オルガン)を使うと
ピアノ1色とは違って、様々な点でプラスα効果があります。

このプラスα効果が素晴らしいのです。

このエレクトーンを活用したプラスα効果を ピアノの先生方に実感して頂きたいと思い、 『コンチェルト体験会』を企画しました。

先生方のご参加を心よりお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。
コンチェルト体験会

 

 

ただいま生徒募集しております。
ご一緒にアンサンブルを楽しみませんか? 
お気軽にお問い合わせください。