西山淑子と伊東剛〜「金子みすゞ」の詩と、歌曲への誘い〜 終わりました

昨日(2016年10月9日)、
ロートルメゾン 西の洞(群馬県館林市)にて終了しました。

会場の“西の洞”さんは、コンサートするためのレストランというコンセプトのお店。
とても素敵な雰囲気です。

img_1242

img_1244

img_1249

img_1248

伊東剛さんのファンで満席となった店内は、終始和やかな雰囲気に包まれ、幸せな気持ちで演奏することができました/
お越し下さったみなさまありがとうございました♡

 

img_1305

 

第1部は、剛さんのレパートリー。
まず、ブラームスの歌曲を5曲。ピアノ伴奏で。
ピアノは、木崎和美さん。剛さんの合唱団の専属ピアニストとあって、さすがに行きの合ったアンサンブルを聴かせてくれました。

img_1252 img_1253

私は、剛さんのブラームスは初めて聴いたんです!
剛さんといえば、オペラやミュージカルのイメージが強くて、半分役者かと思っていたので、衝撃的でした(笑)。
が、本人は、これが本当の自分だとか。。。

そして、日本歌曲6曲。エレクトーン伴奏で。
正統的な歌曲は情感たっぷりに歌い上げ、ストーリー仕立ての楽しいオチのある歌曲は、これぞ剛さん!演技力抜群のパフォーマンスで楽しませてくれました。
“見上げてごらん夜の星を”も「歌曲」になってました。
エレクトーンの音作りも、ピアノではできない、エレクトーンならではの効果音や音色で楽しさを工夫しました。

 

img_1258 img_1255

 

 

第2部は、私の作品『金子みすゞの詩による童謡集』から11曲と朗読12編。

なんとも味わいのある朗読は秀逸!!
エレクトーンのBGMとコラボで、私と剛さんならではのみすゞが、お聴きいただけたかな?と思います。

歌は、私の曲集の中でも、ぜひ男声に歌ってほしいものを選びました。
『犬』はもうずっと昔から気になりながら、作りかけで放置していたもので、今回初演でした。

実は、女声に歌っていただくことが圧倒的に多いので、今回は本当にレアものと言えますね。

私のみすゞへの思いを語りながら進めました。

img_1273img_1261みすゞになりすまし?みすゞの二十歳の写真の着物を復元した着物です。

みすゞの詩には、ヒトが生きて行くのに一番大切な、

他を思いやる、悲しみや寂しさに寄り添う(こだまする)、命の尊さ儚さ、全てのものへの優しさ、
そんなことが、子どもにも解る易しい言葉で謳われています。

そこが、30年もみすゞの詩に惹かれ、関わり続けている要因です。

この『みすゞの心』を一人でも多くの方にお伝えしたい!!

「西の洞」オーナーの川生りえ子さんとのご縁、40年の付き合いの剛さんとのご縁、剛さんと館林の繋がり、そして30年前のみすゞとの出会い。

本当に色々なご縁が繋がって、このコンサートが実現しました。

4年前、あの大震災の1周年の日に、この同じ会場で『祈り』のコンサートをさせていただきました。
今回は、オーナーさんから「あのみすゞ、また聴きたいという方がたくさんいらっしゃるから」とオファーがあり、企画してくださいました。

 

image img_1304

img_7168 FBでお友達の古澤律子先生。伊勢崎から車で50分かけて、駆けつけて下さいました。生でお会いできて感激です!

img_1295前回もいらしてくださったお客様と。

img_1274感動しました!」と声をかけてくださったお客様

 

心から感謝、感謝、感謝です。
ありがとうございました!!

 

 

ただいま未就学児から小学生を募集しております。
当教室では、日頃のレッスンでコンチェルトを体験できます。

ご一緒にコンチェルト体験してみませんか?
お問い合わせ・体験レッスンはこちらから