心を合わせる

練馬区旭丘の音楽教室

   『よしこの音楽室』西山淑子です

今日は、亜急性期の病棟に移りました。

退院まで、看護師さんの介助なしで過ごします。こじんまりした部屋で、なかなか居心地良いです

合格

さてさてまたアンサンブルについてのお話です。

一人じゃないから、お互いに目や体を使って合図を出さねければいけません。

同じテンポで、同じタイミングで息(ブレス)をしないと合いません。

正に、

心を合わせるということです。

相手のことをまず考えなくてはなりません。このことで

思いやる心も育ちます。

実はこれが一番伝えたいことなのです。

話を戻し、

例えば4拍子だったら、3拍=1.2.3.でテンポを掴み4拍目でブレスして次の1拍目で揃って始める、ということが出来ないとアンサンブルは成り立ちません。

たとえソロで演奏するにしても、頭の中でテンポを作り、ブレスをして始めないと、なんだか気持ち悪い音楽になってしまいます。

ブレスして曲の頭を合わせる(

アインザッツと言います)のはとっても大切なことで、それに慣れるには

アンサンブルが一番の早道です。

このアインザッツを小さい時から自然に身に付ける方法として、

まずは2人でのアンサンブルから始めるのが良いと考えて、エレクトーンで伴奏を付けて弾かせたいと思ったのです。

小さい方にこそ、このエレクトーンとのアンサンブルを体験して欲しいと思い続けています。

体験してみませんか?


お気軽にお問い合わせください!

       
yosiko-n@ae.auone-net.jp
音譜

ただいま4月からの新規生徒募集中です